おちんちんを引っ張って大きくする器具

 


ペニス増大器具のメイルエッジを購入してみた


ペニスを引っ張ることで大きくする・・・

吸引ポンプのマックスゲージもペニス増大の効果はあると思うけど、ネット上で公開されているおちんちんの増大器具で最も多くの人に効果が出ているのが、アンドロペニスに代表されるペニス牽引器具ではないでしょうか。

牽引器具では知名度No.1のアンドロペニス(34,800円)。そして安価なアンドロヤマトV3(16,500円)。もっと安いのがマックステンダー。そして今回購入したメイルエッジ。このあたりが購入対象となるでしょう。

アンドロペニス・ゴールド
アンドロペニス・ゴールド
マックスエクステンダー
マックスエクステンダー
メイルエッジ プロ
34,800円 16,500円 3,129円 36,000円

上の表のように値段にかなりのばらつきがあります。品質や保証が全て同じレベルなら、アンドロヤマトV3がお勧めです。マックステンダーが最安値ですが、微妙な調整ができないので使用感はイマイチなようです。さらには大きすぎて普段の生活の中で常時使用するには無理がありそうです。

今回メイルエッジを選んだ理由は、保障が2年という長期であること。また効果が無かった場合の返金制度があることです。(返金制度の利用は約束事があるので、別ページで特集したいと思います)
そしてサポート体制が充実していることです。
それと…、アンドロペニスのように使用感や効果を公開している人が少ないから、というサイト運営上の理由もあったりします(笑)

構造的なことですが、ロッドを継ぎ足していくのではなく、9mm間隔のサイドバーの穴位置を変えることとテンションの調整で行います。テンションはゲージがあり、1200g、1800g、2800gがわかるようになっています。本当によく出来ています。

安いメイルエッジのセットもあります↓

ペニス増大ならメイルエッジ
メイルエッジ エクストラ
ペニス増大ならメイルエッジ
メイルエッジ ベーシック
31,000円 27,000円


メイルエッジはオプション等の違いによって、PRO、EXTRA、BASICと3つの値段帯の製品があります。今回購入したのはメイルエッジPROのセットです。
メイルエッジPRO

メイルエッジ

ペニス増大ならメイルエッジ
メイルエッジ プロ
今回購入したメイルエッジです。
運送便に営業所止めも可能ですが、自宅まで配達してもらいました。「バイク部品」と記入してもらったので華族にはバレませんでした。

23cm×19cm×7cm(高さ)の箱で送られてくるので、「PCパーツ」とかもいいかもしれないですね。

セット内容は、ケース、そして専用の袋、本体、オプションパーツ、解説DVD、小冊子です。
メイルエッジ パーツ 左写真は、オプションは抜きにして通常使用するメインパーツです。マイルドセブンとの対比で大きさがわかると思います。

写真内の右側に3つ並んでいるのは、上からラバーストラップ、保護パッド、フロントピースです。保護パッドを亀頭下に巻いた状態でおちんちんをフロントピースにのせ、ラバーストラップで締めて固定します。
そしてベースリングとサイドバーが一体となっている真ん中のパーツにカチンとはめるだけです。
長さ調節 引っ張り長さの調整はサイドバーで行います。
サイドバーを回すとポッチがハズレ、長さを調節してから再びサイドバーを回してポッチが穴にカチッとなるところでセットします。

写真はわかりやすいように、左右の長さを変えています。
全体の構成 おちんちんに装着した場合の全体の構成です。
おちんちんを乗せるフロントピースは2通りの付け方があります。勃起サイズが13cm以上の場合は写真のようにラバーストラップ固定側を先端側に。勃起サイズ13cm以下の場合はフロントピースを逆にセットしてラバーストラップ固定側が根元にくるようにします。

メイルエッジを使ってみた

メイルエッジ装着 まだ付け方に慣れないですが、とりあえず装着してみました。
ミッション15の現在の勃起長さは押し付け無しで13.5cm。だからフロントピースのラバーストラップ固定側(亀頭側)を遠い方にセットします。
サイドバー(両脇2本の棒)は一番短くなるところにセット。そしてフロントピースをはめる箇所も一番手前です。そうするとちょうと13cmくらいで引っ張ることができます。慣れてきたらフロントピースをセットする穴を1つ前にズラすと引っ張られてるって感じるようになりました。

おちんちんを下向きにした場合と上向きにした場合だと、同じ引張り長さでも上向きの方が若干楽なような気がします。

ちょっとした工夫

亀頭はフロントピースの上に置いて、その上からラバーストラップで締め付けます。でもそのままでは痛いので保護パッドで亀頭を保護するのですが、これが意外に滑ります。きっちり装着できれば問題無いようなのですが、なかなかしっくりとした位置に亀頭を締め込めません。時間が経つと保護パッドが滑って亀頭がフロントピースから抜けてしまいます。

そこで保護パッドの変わりにティッシュを使ってみました。ティッシュだと滑らないですね。
でも長い時間ティッシュで装着していると擦れて痛くなります。そこで保護パッドを亀頭に巻き、その上にティッシュを巻いた状態でラバーストラップで締めてみました。すると多少狙い位置とズレて亀頭を固定してしまった場合でも滑らないようです。

補足

メイルエッジに限った話ではありませんが、おちんちんを牽引して増大する器具は効果が出るまでには時間がかかります。もちろん効果には個人差があり、まったく効果を出せない人もいるようです。
ミッション15の場合はどうなんだろう?
効果を確実に測定するために、今までのように押し付け無しでデータを取るのではなく、恥骨押し付けでデータを取ります。さらに、おちんちんが勃起した状態ではなく、通常の状態のおちんちんを目いっぱい引っ張った状態での押しつけ長さを計測していきます。2011年12月でのミッション15のおちんちんの恥骨押し付け長さは14.5cmです。

Copyright(C) 2010 おちんちんは大きくなるのか? 47歳、奇跡の軌跡 All rights reserved